呉服の岡本|岡本の歴史

岡本の歴史

これからもお客様と取引先に信頼される「きもの専門店」でありたい

平成22年度、わたくしどもは創業100周年を迎えることができました。これもひとえにささえていただいた皆様のおかげでございます。心中より感謝申し上げます。 これからもお客様と取引先に信頼される、「正統な着物専門店」として精進いたします。

創業は明治43年

先代、岡本長次郎が富山県魚津市で創業した岡本商店がはじまりです。当時は呉服だけでなく、肌着や傘など衣料や生活雑貨全般を扱っていましたが、昭和31年の大火で店を焼失。富山市に移転し、外商中心の営業を再開後、昭和44年に店舗を構えました。当時の店舗は現在市民プラザとしてにぎわっている富山の中心地で当時は市民病院の隣。病院の職員の方やお見舞の方々で、まるでサロンのようににぎわっていました。

オイルショック時の対応でお客様からの信頼を不動のものに

昭和48年ごろから始まったオイルショックは、絹の値段が高騰するという現象を起こしました。着物の生地がなくなるという風評が広がり、固定客はもちろん、新規のお客様が高い値段でもいいから売ってほしいと来店されました。しかし、当時85歳の先代長次郎は「この日本からきものが無くなる事は絶対にありえない。この熱が冷めるまで、もう少し待ってください。必ず元の値段に落ち着きますから。」と断言し、商品を一切販売しなかったのです。岡本家では先代の一言は絶対でした。二代目は、「高い値段でも飛ぶように商品が売れている他店の噂を耳にするたび、本当に羨ましかった」と当時を振り返ります。やがてパニックも収まり、お客様も平常心を取り戻した頃には、商品価格も元通りに戻っていました。この時の岡本の対応が、お客さまから非常に高い評価を受け、信頼が不動のものとなったのです。一時的な流行に惑わされないお客様本位の商売の軸。それが「呉服の岡本」の基盤になっています。

取引先への決済が信用の基盤~良い品物が安くお客様に提供できる訳~

先代長次郎は、「米びつ空でも問屋に支払え」「問屋筋が一番良い商品を真っ先に見せてくれる店になれ。そのためには決済が何より大事だ」が口癖で、それを徹底しました。「月末締めの翌月現金払い」は岡本の商売の基礎となり、現在も続いています。「決済が確実な店」と問屋筋でも定説になり、「岡本さんならこの値段で」と値段を下げていくので、他店より安く仕入れる事が可能になりました。良い品物が安くお客様に提供できる訳がここにあります。

きもの選びは店選び

洋服のセレクトショップ同様、呉服屋さんもそのお店の好みやセンスがある事でお客様の選択肢が広がるのですが、最近は随分様変わりしてきました。 たとえば企画会社に展示会を丸投げする方法。名前は呉服屋さんの展示会として開催されているのでお客さまにはわかりませんが、展示会の企画、設営、販売員、商品すべてを企画会社が手配し、今週は関東のA店、来週は関西のB店と同じ商品が全国を回っている方法です。企画会社が扱う商品はほとんどが海外で大量生産された品物なので、成人式で同じ振袖の人に会った、という事もありうるのです。 一方で、納得する商品のみを厳選して仕入れている呉服店もあります。私共もそうです。柄の大小、色の使い方、金銀の光り方など、細部に亘ってこだわり妥協しません。「職人の息吹が感じられる商品か」「値段が適正か」そして一番大切にしているのが「センス」です。納得して仕入れた商品は全て宝物。ショーウィンドウにはUVフィルムを張って商品を日光から守り、店内は禁煙にして大切に扱っています。

創業100周年記念展開催~人間国宝、喜多川俵二氏をお迎えして

兼ねてよりご縁をいただいている人間国宝の喜多川俵二先生のご協力を賜り、平成23年11月に創業100周年記念展を開催、全国の呉服店でもほとんど例がない貴重な機会をいただきました。というのも、私共の100周年の記念にと、門外不出の先生御所蔵の貴重な装束、裂地を展示していただけたこと、更に当日、先生が来場者の方に直接解説をしていただけたことの二点が実現できたのです。県内外から1000名を超えるご来場者様をお迎えすることができました。
催事のご案内はこちらをご覧ください

着物と、呉服の岡本のこれから

着物の目利きやアドバイスは母親の役割でしたが、時代と共にそれも失われつつあります。今までもこれからも、呉服の岡本は母親の役割も果たせる、プロとして全てのご相談に対応するべく、精進、追求してまいります。 また、職人の高齢化や後継者不足により、着物の伝統技術は途轍もないスピードで失われていることに焦りと憂慮を感じています。技術革新と共にインクジェットで大量生産される着物も出回っていますが、私共はあくまでも職人の息吹が感じられる、品質の確かなものだけをお客様に提供していきます。

呉服の岡本
富山県富山市上本町7番12号
TEL:076-425-1714

相互リンク集