呉服の岡本|コーディネイト

コーディネイト

加賀友禅黒留袖に佐賀錦袋帯

当店の加賀友禅はすべてオリジナルで染め出しております。
世界に唯一のお品物です。
加賀友禅技術保存会の会員でもあり、後進の指導にあたっている柿本市郎氏は重厚感と繊細さを同時に表現される数少ない作家のお一人です。
加賀友禅の特徴でもある金箔や刺繍を使わずに春花、秋花を屏風に描きました。写実的な図案が美しさをさらに引き立てます。
合わせた帯は佐賀錦の袋帯。和紙に漆を使って金、銀箔を貼り、それを細かく裂いたものを経糸として使った織物で、一日に数センチしか織ることができないと言われております。
地模様に蔦を織り込み、お太鼓部分に長寿を表現する吉祥木、老松を配しました。
繊細かつ大胆な図柄が印象に残ります。

加賀友禅訪問着に西陣袋帯

当店の加賀友禅はすべてオリジナルで染め出しておりますので、作家は加賀友禅作家の重鎮とも言える柿本市郎氏を父に持つ、柿本結一氏。
愛らしいピンク地に縁起の良い松竹梅と草花を伸びやかに描きあげた華やかな訪問着です。
金箔や刺繍を使わず、繊細で優雅な印象は武家の文化を感じられる加賀友禅ならではの特徴といえるでしょう。
合わせた袋帯は華やかな訪問着を引き立たせる菱形模様を織り出した古典柄で、時代に左右されない逸品です。

手描き京友禅付け下げに喜多川俵二氏作名古屋帯

墨色地に縁起の良い若松柄の短冊の柄を柄を表しました。
「糊糸目」と言われるごく細い糊で下絵を描いて染め、柄の上から淡いピンクのぼかし、金箔などを置くという気の遠くなるような工程を経た逸品でございます。
故意地色に細い線がきっぱりと映え、都会的でエレガントな雰囲気を漂わせています。
合わせた帯は人間国宝喜多川俵二作の有職織文様の名古屋帯。
名古屋帯でありながら、袋帯と同等の高い格調を感じさせます。

純泥染め本場大島袖に鈴木紀江作染帯

吸い込まれるほどの深い黒字に、デザインの異なる雪輪がくつきりと浮かび上がるようなデザインが印象的な本場手織り大島袖です。
合わせた帯は国画会染色作家、鈴木紀江氏の染帯。型絵染の技法で動植物や魚など、自然界の命あるものを題材にした、幻想的で愛らしい雰囲気が特徴です。
見る人が見れば一目で鈴木氏の作品とわかるほど、独特の世界観が表現されています。

喜多川俵二作 名古屋帯


斑金牡丹、鳥獣文、花菱襷文

梅果文、花喰鳥

喜多川俵二 年譜
1936・・・ 俵屋十七代 喜多川平朗(1956、1960に羅、有職織物で人間国宝認定)の二男として 生まれる
1988・・・ 父平朗死去ののち、俵屋十八代を継承
1989・・・ 伊勢神宮 式年遷宮御神宝、装束を制作
1990・・・ 秋篠宮殿下、紀子さまご婚儀装束の御束帯、十二単を制作
天皇即位の礼での天皇皇后両陛下、皇族各宮家御料の御束帯、十二単、錦を制作
1993・・・ 皇太子殿下、雅子さまご婚儀装束の御束帯、十二単を制作
1997・・・ 天皇陛下御束帯制作
1999・・・ 重要無形文化財(人間国宝)に認定
催事案内はこちら

色無地に名古屋帯

日本古来の在来種の蚕だと言われる「小石丸」の流れをくむ繭は大量生産できないため、大変希少価値の高い品種の繭です。
一般的な繭にくらべて大変細く、風合いや光沢が大変優れ抜群の着心地を得られます。
自然文様の細かい地紋が大げさにならない繊細な美しさを演出し、幅広い場面で活躍する一枚。
地模様のある薄いアイボリー地に更紗変わり七宝文様の名古屋帯で端正な装いを演出しました。

小紋に名古屋帯

上品な卵色の地色に飛び模様の縦付き鱗に刺繍をほどこした小紋は岡本オリジナルです。
魔よけになるという言い伝えもある鱗の柄を白の絞りで表現し、縫いとりを施しました。
帯次第で季節に合わせた様々な着こなしを楽しめます。イエローベースの茶色地に同色系の糸と金糸を使い、刺繍をほどこした名古屋帯を合わせました。
光を抑えた上品な刺繍が着る方を更にひきたてます。

呉服の岡本
富山県富山市上本町7番12号
TEL:076-425-1714

相互リンク集